今日の天気は、ちょいと曇りだすわねぇ。


BGMは、モンゴル800のやさしい曲。「小さな恋のうた」。


ティファールの価格を検索。


氷川きよしがLEDキラキラ衣装で、空中歌唱のXmasコンサート、だってさ。大変ですね。はぁ。


ちょっとだけダウナー。


[PR]
# by rinkaiu | 2010-12-15 15:43
外国長期ステイで重要となるのは、そのステイ地での住まいと、それにかかるステイ費を知る感じのことが必須となります。

ステイ地を決定する前に、この住まいとステイ費を十分に調べた上で計画をきちんと立てていくようにしてください。

これらの情報は、インターネットやツアー代理ショップなので調べる感じのことができるでしょう。

ここで、外国長期ステイで評判のステイ地であるキャメロンハイランドに関して調べてみて下さい。

キャメロンハイランドは高原リゾート地らしく、実際にプールや施設の充実している感じの英国チェダ?様式の高級なホテルから、1泊30Ringgitの安宿まであります。

ゲストハウスなどの安宿に関しては欧米からのツアー客もかなり多く、グループが多いときに関しては騒がしい感じのこともあるので留意してください。

そして、高級ホテルの中でも、実際にヘリテージホテルのように邦人宿泊者を優遇して、長期ステイに関しては大幅割引をしてくれる感じの所もあります。

高原リゾートらしい感じの趣のリゾートコンドミニアムやあるいは、サービスアパートも数多くあり、電化商品や家具が揃ったところが、月極めでおおよそ1500Ringgitくらいから数多くあるので活用すると良いでしょう。

キャメロンハイランドでの外国長期ステイにかかるステイ費は、夫婦2人の予算で、住居費を抑えたケースに関しては光熱費と合わせて約2000Ringgit、食費はたまに我が国食を外食したケース約1000Ringgit、交通費やホビーにかかる遊行費と雑費が1000Ringgitで、合計4000Ringgitとなり我が国円にして約12万円強でのんびり暮らせます。
[PR]
# by rinkaiu | 2010-03-11 13:15
外国長期ステイで、ステイ地としてキャメロンハイランドが評判となっています。

ここでキャメロンハイランドはどんなところであるかを事前に調べるようなことで、よりいっそう外国長期ステイでのライフを充実させる感じのことができるでしょう。

キャメロンハイランドに関してはマレーシア半島の中央部、クアラルンプールの北東200kmに実際に位置する標高1300メートルから1800メートル程度の高原地帯に広がる感じのリゾート地で、年間の気温がだいたい18度から24度と涼しく過ごしやすい感じの高原避暑地です。

ここに関しては紅茶や野菜、果物や、あるいは、花の栽培地としても著名となっており、山の斜面に関しては色とりどりの花畑や茶畑が広がり、実際にボーティと呼ばれている感じの紅茶やマレーシア最大の野菜に関しての産地となっています。

キャメロンハイランドについては、1885年のイギリス統治時代に、実際にイギリスの国土リサーチ官ウィリアムキャメロンによって開発されるというようなことになったエリアで、その名称が地名として冠され、それ以降はかなりヨーロッパ系の人々の高原の避暑地として実際に栄えてきました。

たくさんの観光客や外国長期ステイヤーが涼しさと爽やかな自然を求めて実際に訪れますが、その山なかには今も先住民族のオランアスリが生活ている感じのため、ときより彼らとの平和的な出会いもかなり体験できる、不思議な醍醐味を持ったところです。

キャメロンハイランドに関しては、そうした自然の豊かさや爽やかな天候、あるいは、人の穏やかさ等に惚れた各国の人々が、外国移住や外国での長期ステイエリアとして選んでいる評判のある高原リゾート地です。
[PR]
# by rinkaiu | 2010-03-11 13:14
下見ツアーを体験する感じのことができるでしょう。

ツアー会社や財団法人長期ステイ財団などが企画する現地の下見ツアーに参加する感じのことができれば、長期ステイのステイ候補地が自分の希望するというようなものに合っているのかなどを事前にチェックする感じのことができます。

下見ツアーは、約5日?1週間ほどステイ候補地にステイして効率的に下見できるプランです。

実際に買物や観光などを通してそこでの物の値段や言葉などを体感する感じのことができ、実際のライフを下見する感じのことができるでしょう。

キッチンつきのアパートメントを借りる感じのこともできるので実際に現地で買った食材で料理をする感じのこともできるので実際に希望する方は尋ねてみて下さい。

また病気になってしまった時やあるいは、トラブルに備えたサポートや、エアポートからステイ先までの送迎、ライフオリエンテーションなどもあります。

長期ステイ中の留意ポイントをあげます。

外国長期ステイに関しては、移住や永住のなど印象があると思います。

でも近頃で我が国にライフの基盤を置き、好きなとき、快適な天候のときにだけ外国で暮らすといった、行ったり来たりする外国移住も増えています。

行ったり来たりするのならば、我が国での住居も確保しておかねばいけません。

長期間空き家にするようなときに関しては、その期間の維持管理も考えておかなければいけません。

ポスティングなどのなチラシなど実際にちょっとした迷惑から窃盗や災害の被害にあうリスクまで考慮しておいたほうが良いでしょう。

勿論、長期ステイ先の外国での住居のにも同様の感じのことが考えられます。


ステイ先で「奉仕活動」として、不動産の紹介やエアポートまでの送迎やオリエンテーション、在留資格外活動もしくはツアー業の契約を取得する必須となるケースがあります。


外国の不動産を購買するケース、土地所有制限がある国もあるので留意が必須です。


そして、ライフ習慣や天候、風土の違いから我が国の物件とは選択条件が違う感じのこともあるので、初めのうちは賃貸物件で生活、暫くの間周辺環境を見極めると良いでしょう。

不動産物件を購買する時は、よく検討した上で正式な契約を持った感じの不動産会社と直接ライセンスし、通訳、弁護士を介在させるときっと安心でしょう。
[PR]
# by rinkaiu | 2010-03-11 13:13

外国長期ステイの目的

あこがれの土地に長期ステイして、新鮮な日々を送る生活スタイルが今注目を集めています。

外国長期ステイの計画をたてるようなときに関しては、まず初めにそこで何をしたいのか、どんな生活方をしたいのか、ホビーや関心にそって、長期ステイを希望する国の言語、統制、物の値段や天候、エリア特性、医療システム、流行を確認してください。

長期ステイで大事なというようなことは、実際、その土地での目的を明確にする感じのことが大事です。

ゴルフや釣りなどホビーを目的としたリゾート生活、スポーツ観戦を楽しむ、あるいは、史跡や美術館巡りを楽しむ、フラなどダンスを実際に習う、語学を学ぶ、など、長期ステイの目的を明確に。

長期ステイで充実した日々を送る感じのために関しては自分のホビーや関心に合うテーマや目的を決める感じのことが大事です。

そして、避けたいことや苦手なようなことを考えておく感じのことも長期ステイ先を決めるうえでポイントとなります。

例としては我が国の湿度の高いつゆや暑い夏の天候、寒さのきびしい冬や花粉の飛ぶシーズンが苦手な方は、長期ステイ先に関してはこういった天候がないか否か確かめておきましょう。

自分にあった候補となる感じの国を選ぶために目的やテーマ、避けたいようなことを明確にしたうえで、外国長期ステイしたい国を選択してください。

長期ステイ先の候補として挙げる国の物の値段、天候、住宅の費用や月々にかかるライフ費、統制や言語、医療システム、エリア特性や流行、交通事情などをきちんと調べておくと、より具体的な生活のビジョンが見えてきます。

重要なのは、実際、食事です。

我が国食レストランや食材ショップがあるかなど、食ライフのチェックもしておきましょう。
[PR]
# by rinkaiu | 2010-03-11 13:12